X61にCentOS6.4を入れてDBサーバーにした


大学生の時に愛用していたX61に、最近とんと触っていなくて寂しくなった。

旋律の手入力シーン

ので、CentOS6.4を入れて、前々からちょっとずつクラウドで作ってたDBを移植した。しかし、結局SSHで操作するから、あまり触らないことには変わりがなかったが……

OSのインストールは、もうめんどかったからUSBメモリ+ネットワークインストールイメージでやった。

ブート用のUSBメモリ作成には、UNetBootinを使用。今回はWindows機でブート用メモリを作ったけど、サクッと出来て楽だった。
OSのインストールイメージは、みんなだいすき理研のミラーからダウンロード。
特に何も困ることなく、UNetBootinの起動後の画面でDiskimageを選んで、落としてきたISOを選択するだけ。簡単。

CentOSのインストール自体は粛々と進む……と思ったら、ちょっとびっくりした。
ネットワークインストールの時には、インストール用のイメージを落とすためにミラーを選択する必要がある。が、何故かそのミラーの選択画面が、リストから選択する形ではなく、なんか文字を入力せよと言わんばかりに待ち構えている。(表題の画像がそれ)
初見でとりあえずひとしきり焦って、ググってみたところ、手入力とのこと。
CentOS 6.4をネットワークインストール
マジでか!? 2014年だぞ!? と思いながら、久々にLinuxのインストールの面倒くささの一端を味わう。だが昔はドライバとかもっと面倒くさかった。

あとは普通にグラフィカルインストールが始まる。

インストール時に気付かなかったが。X61はデフォルトでHDDにパーティションが切ってあり(多分、Windowsの復元領域)、小さい方のパーティションがルートにマウントされ、残りが/homeにマウントされていて、MySQLのディレクトリを/var/lib/mysqlにしていたものだから即容量がなくなって焦った。
一旦ディスクを全消しし、パーティションを削除してから改めてインストール。今度は問題なく全部がルートにマウントされた。

あとは、MySQLを入れて、DBのダンプを復元すればOKと思いきや、ここでも更に驚くことがあった。scpが効かない。ファイルが送れない。どういうことだ。
CentOS 6.x/Scientific Linux 6.xサーバーへscpコマンドを使う場合
CentOSは、最小構成インストールすると、openssh-clientがインストールされないみたいだ。いくらなんでも最小過ぎないだろうか。

MySQLは、こんな感じで放り込んだ。

まずyumで開発ツール系を一気に入れる

そのあと、yumではなく5.6のバイナリを洗濯し、MySQLを入れる

yumのリポジトリは使わないけど、yumを使ってインストールする。この時に、sharedだけはあとから入れないと、yumのリポジトリのMySQLと衝突を起こすらしい。
CentOS 6.4にMySQL 5.6をサクッとインストールする

MySQLの初期設定はちょこちょこっとやる

 

あとは、快適なDBライフ……と思ったけど、X61のメモリが2Gしかなく、さすがに数億レコードの巨大なDBを扱うには、いくら適切なINDEXと細かいパーティショニングしてるとはいえ非力すぎた。ディスクのIOがヤバイ。

X61は8Gまでメモリを認識するらしく、SSDと併せたら結構なパワーアップになるんじゃないかとおもうが、2つ合わせて約3万円。いや……どうしようか……それは。

 


この記事はCentOS, Linux, MySQL, プログラミングに投稿されました タグ: , , , . このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

*
*