YAP(achimon)C::Asia Hachioji 2016 mid で、 Slack as a Game platform というLTしてきました


タイトルのとおりです

YAPC::Asiaが去年最終回を迎えて、いつかYAPCで登壇したいなと思っていた夢が終わってから1年。やっぱちーが開催されると聞いて、忙しい時期だけど絶対にLTくらいは出来ると思って応募して、無事採択されたので喋ってきました。

本家YAPC::Asiaに比べるととてもこぢんまりしていましたが、それでも集まった人たちは楽しそうにセッションをしたりそれを聞いていたりして、YAPCってこんな感じだよな、って雰囲気を感じられて楽しかったです。

自社のセミナールーム以外でやるカンファレンスで喋るのは初めてだったので緊張したけれど、ニコナレの録音を聞く限りではまあそこそこうまく喋れていたようなので安心した。

あとで自分のトークを見返せる(聞き返せる?)ニコナレ、素晴らしいサービスですね。

SlackGameのgemの0.2.0をリリースしました

YAPCの他のトラックを聞いている間に、0.2.0をパブリッシュしました。

半年くらい前に、お酒を飲みながらノリで書いたコードは酷いなぁと思いながら、とりあえず変なメソッド名や変数名を修正して、あとはReactionに対応して、リリースしました。

とりあえず、まだ問題点はあるので、近いうちに0.3.0にアップデートになると思います。


この記事はポエムに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

*
*