Fedoraの.bashrcを壊した話


Fedoraというか、Redhat系のお話

.bashrcをGithubで共有するようにしてからしばらく経って、新しいPCにFedoraを入れた。
最初は特にターミナルとかも普通だったのだけど、ひと通り確認終わってからgit cloneしてきた.bashrcに置き換えると、表示が完全に変になった。
ぱっと見てわかる症状は、

  • プロンプトが表示されない(というか、bashのバージョンが出る)
  • カラースキームが変(エディタもそうだし、普通の状態も変)
  • でもなんか.bashrcの内容は反映されてる

って感じ。
一番悩んだのは、.bashrcで設定しているPATHとかAliasとかは反映されているので、どうも.bashrcのエラーって感じではなさそうということ。
だが、新しいPCを買ったのは2月で、2月は地獄のように忙しい毎日を過ごし、3月も別の趣味に一ヶ月を投じてしまったので、ほとんど ターミナルを触ることなく、放置してしまった。

今週に入り、やっとコードを書く時間を取り返したので、いろいろ調べたり人に聞いたりしてみて、解決策を探した。
友人の言っていた、「OSのデフォルトの設定ファイルが読み込まれてないんじゃないの?」という意見が最も近い気がして、Linuxのbashrcファイルの扱いを調べていくと、次の情報にいきあたった。

Linuxでユーザ環境設定ファイル(bashの場合)

曰く、Redhat系は、次の順序でbashの設定ファイルを読むらしい

  1. /etc/profile
  2. ~/.bash_profile, ~/.bash_login, ~/.profile の順に検索し、最初に見つかったもの
  3. ~/.bashrc (~/.bash_profileの中に書かれている)
  4. /etc/bashrc (~/.bashrcの中に書かれている)

なるほど、/etc/bashrcが読み込まれてねえ、と気づいた。
というか、デフォルトで読み込んで欲しいのだが、どうも.bashrcの中に書かなくてはいけないようだ。
最近はもっぱらMacだったので、全く気づいていなかった。

というわけで、次の記述を.bashrcの中に書くことで解決した。

Githubの方にもコミット済み

こんどは、/etc/bashrcの中身もちゃんと読んでみよう。


この記事はFedora, Linux, プログラミングに投稿されました タグ: , . このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

*
*