DebianのChinachu(録画)サーバーにUSBでHDDを増設した


録画サーバーはコンパクトにまとめようと思っていたので、当初HDDは2.5インチの500Gを選んだ。
どうせネットワーク経由でつながっているし、HDDがいっぱいになってきたらどっかの外付けに移せばいいと思っていたが、色々と問題が出てきたので、サーバーに外付けHDDを刺してとりあえずしばらくの間は凌ぐことに決めた。

買ってきたHDDは、Seagateの2TのHDDで、外付けケースはGroovyの35SATA-U3-BK。これで3台目の外付けケースだが、選んだ理由はUSB3.0対応と、並べた時にカッコ良さそうなデザインだから。
だが、録画サーバーはUSB2.0ポートしか無いので、近いうちにサーバーのリプレースか、それとも他の解決策を模索しなくてはいけないだろう。

LinuxにUSBでHDDを繋ぐのは初めてだったので、いろいろなページを見て調べた。概ね、次の手順になるみたいだ。

1.HDDをつなぎ、dmesgコマンドでデバイスを確認する。

実行すると、最後の方にこんな感じの文字列がつらつらと並んだ。デバイス名はsdbで認識され、買ったばかりだからパーティションがまだ無いというメッセージが出ている。すでにDOS用にフォーマットされているやつとかだと、この出力が違うらしい。

2.(自分は必要なかったけど)fdiskコマンドで既存のパーティションを消す

fdisk -lコマンドで既存のパーティションを確認して、DOS向けのが有ればfdiskコマンドで消す。自分は必要なかったが、fdiskのインタラクティブでdコマンドを使いパーティションを消して、wコマンドでそれを確定するみたいだ。

3.パーティションを作る

fdiskのインタラクティブでnコマンドを入力し、新規パーティションの作成を選択。その後、プライマリパーティションを作成するのでpコマンド、あとは全領域を使うので、デフォルト値をそのまま使うためにエンター2回。

 4.mkdfコマンドでパーティションをフォーマット

普通にext3でフォーマット。NTFSのフォーマットと比べてだいぶ早い気がするが、そこは何かWindowsとLinuxのファイル管理の違い的なアレがあるのだろう。全く詳しくないので、そのうち調べることを決意する。

5.マウント

dfコマンドで、新しくHDDが認識されていることが確認できる。

ひとまずは、これで終了。あとは取り外すときに、unmoutを忘れないだけだと思う。


この記事はDebian, Linux, アニメに投稿されました タグ: , . このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

*
*