ChinachuがTwitterでつぶやいた


Chinachuは、番組の録画が始まると自動でTwitterでつぶやいてくれる機能が有るらしい。

が、開発途中なのかわからないけど、リポジトリのWikiのところでは、まだ項目ができていなかった。
しかし、せっかくその機能があるならば使いたいと思ったので、直接ソースを見て確認してみたところ、上手くつぶやけたのでメモ。

結論だけ言うと、こういう記述をconfig.json内に書けばいいみたいだ。

operで始まるキーの名前が、TwitterではなくTweeterなのに注意。最初気付かなかった。

operTweeter 

このフラグをtrueにすると、Twitterへの投稿設定が有効になる

operTweeterAuth

この辺りのコードがTwitterの認証設定をしているらしい。
https://github.com/kanreisa/Chinachu/blob/dc498628687203723f3c25d1757a2652060c70bb/app-operator.js#L58
普通に設定のキーが全部有ることを確認して、AuthTokenとAccessTokenを埋めていく。
このトークンは、自分のアカウントからTwitterのdeveloperサイトで取得した。アクセス権限をRead-onlyからRead-Writeにするくらいしか、特に変えることは無いと思う。

operTweeterFormat

あとは、この二箇所がTwitterに実際にPOSTしているところ。
https://github.com/kanreisa/Chinachu/blob/dc498628687203723f3c25d1757a2652060c70bb/app-operator.js#L345
https://github.com/kanreisa/Chinachu/blob/dc498628687203723f3c25d1757a2652060c70bb/app-operator.js#L377
ざっとgrepした程度でしか探していないけど、config.jsonのキーで有効なのはstartとprepareだけで、finishiとかendの類はまだ無いらしい。(試しに自分で実装してみて上手くいけば、pull request送ろうかと思う)
startとprepareにはそれぞれ、録画の実行開始と録画の実行準備の時にTwitterにPOSTされるらしく、文字列の中に次のタグを埋めることができる。

例えば、

とか書けば、Twitterに「ゆるゆり、はっじまるよー! 16」とか勝手に投稿されるわけだ。胸熱。

しかし、Twitterへの投稿にはmtwitterというモジュールを使っているようだが、これタイトルとかの関連で140文字超えたらどうなるんだろうか……面倒なのでコード追ってない。

とりあえず、これで簡単にでも、PT2がロックされてしまう問題の監視(実際には手遅れなので監視にはならないけど)できればと思う。


この記事はLinux, アニメに投稿されました タグ: , . このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

*
*